ウォッチ

ロレックスは修理に出せば使えるようになる

業者をきちんと選ぶ

腕時計

ロレックスの時計を修理に出すときには業者をきちんと選ぶ必要があります。業者を選ぶときには次のような点を参考にするといいでしょう。1つはコストです。費用が安いにこしたことはありません。しかしながら、注意するべき点もあります。修理費用は基本料金と交換部品代から成りますが、業者によっては基本料金だけを提示して交換部品代は追加費用として請求してくるところもあります。最初に費用についてきちんと説明をするところを選ぶようにしましょう。また、見積対応のスピードも重要です。見積依頼をしてからどのくらいの日数で返事があるかを見るのもサービスの質を見極める上で重要です。さらに、近年はインターネット上でロレックスの修理対応をしているところがありますが、そのような場合には郵送する必要があります。郵送用の箱の内部がロレックスが破損しないようにスポンジなどで覆われているかどうかも確認ポイントです。ちなみに、箱は自前で用意するように言う業者は基本的にはおすすめしません。4つ目のポイントとしては修理後のアフターケアがしっかりとしているかです。これが最も重要です。ロレックスを修理してもらって何か不具合が生じたときに無料で再修理あるいは点検をしてくれるか業者を選ぶようにしましょう。そのような業者はいい加減な修理をせず、きちんと修理してくれます。修理保証の目安としては1年から2年です。ロレックスのメーカーに依頼すると2年間の保証サービスが付いています。